犬塚勉 略年譜

1949年10月15日  犬塚忠次、洋子の四男として川崎市に生まれる。

1956年 3月 6歳 東京都南多摩郡稲城村(現稲城市)に転居。

                 多摩丘陵と多摩川の自然に囲まれて育つ。

1976年 3月 26歳 東京学芸大学大学院修了。

       4月       東京都町田市立鶴川第二中学校美術科教論として赴任。

1978年 夏   28歳 スペインの南部アンダルシア地方を中心に遊学。

1979年 3月  29歳 竹花陽子と結婚。

       夏        スペインの北部カタロニア地方を中心に教会などを訪ねる。

1980年 4月  30歳 東京都多摩市立北豊ヶ丘小学校図工専任教論として転任。

    夏     北海道の旅。大雪連峰旭岳で初めての本格的登山。*

       9月      「塗り込められた記憶A」第48回独立展入選。

1981年 8月     笛吹川東沢を溯行。雨のため途中で断念。*

    8月    青木鉱泉~鳳凰三山縦走。

1982年 6月       東沢溯行~甲武信岳。自然を味わい、以後登山にのめり込む。

    7月    笛吹川ヌク沢左俣、東沢東のナメ沢~鶏冠尾根。    

    8月       甲斐駒ヶ岳黄蓮谷右俣烏帽子沢溯行。

   10月  33歳 北沢~北岳~池山吊尾根~芦安。途中から雪になる。

1983年 1月       長男、嶺(りょう)誕生。

    2月    広沢寺の岩場。

    4月       転付峠~荒川三山~赤石岳東尾根~椹島。

    5月    奥多摩・つづら岩。

    7月       西穂高岳~奥穂高岳~槍ヶ岳~燕岳縦走。

    8月       扇沢~針ノ木岳~五色ケ原~立山~剱岳~ハシゴ段乗越~内蔵助平~黒四ダム。

1984年 2月  34歳 雲取山。大雪のため、初めての本格的冬山となる。

    3月       八ヶ岳・硫黄岳~赤岳縦走。ピッケル、アイゼンを初めて活用する。

    4月       奈良田~大門沢~農鳥岳~間ノ岳~北岳~池山吊尾根~奈良田。

       6月       丹沢の黍殻山草原でスケッチ。密度の高い草原の絵を描く技法を考えついたことで、後の作                     品に大きな影響をもたらした。

    8月       ブナ立尾根~烏帽子岳~雲ノ平~薬師岳~五色ヶ原~平ノ小屋~黒四ダム。

                 夜叉神峠~鳳凰三山~甲斐駒ヶ岳縦走。

                「ひぐらしの鳴く」第20回神奈川展入選。

    9月       大樺沢~北岳~両俣~仙塩尾根~仙丈岳~北沢峠縦走。

   11月  35歳 大樺沢~北岳往復。

         八ヶ岳・地蔵尾根~横岳~硫黄岳~黒百合平~渋ノ湯。

   12月     渋ノ湯~天狗岳~硫黄岳~地蔵尾根~行者小屋~阿弥陀岳往復。

1985年 1月       笛吹川東沢アイスクライミング。氷の廊下を歩き、凍った沢の美しさに魅了される。

    2月       厳冬期甲斐駒ヶ岳。黒戸尾根八合目手前で強風のため断念。

    3月       白根御池から北岳往復。芦安から歩く。

    5月      槍沢~槍ヶ岳~東鎌尾根~燕岳縦走。

        「林の方へ」第1回多摩総合美術展入選。

    8月    北岳~塩見岳~赤石岳~小渋川~飯田。

                 中央アルプス・宝剣岳~中岳~木曽駒ヶ岳縦走。

    9月    北岳登頂。*

   10月  36歳 次男、悠(ゆう)誕生。

1986年 2月       八ヶ岳・行者小屋をベースに阿弥陀岳~横岳。

       3月       鹿塩~三伏峠~塩見岳往復。吹雪とラッセルに苦闘する。

       5月       槍ヶ岳~東鎌尾根~燕岳縦走。

          「梅雨の晴れ間」第2回多摩総合美術展入選。

    8月    白馬岳~唐松岳~八方尾根。

       8月      奥穂高岳~北穂高岳縦走。

      12月 37歳 奈良田~大門沢~間ノ岳~北岳~池山吊尾根~奈良田。強風と雪の中の縦走。

1987年 2月   「山の暮らし」第1回多摩秀作美術展入選。

       4月    東京都八王子市立川口小学校図工専任教諭として赴任。同時に、多摩の団地から東京都西多                     摩郡五日市町(現あきる野市)の養沢に転居。

       5月    森の昼食」第3回多摩総合美術展佳作。

       8月     扇沢溯行~小太郎山~北岳~両俣~仙丈岳~北沢峠縦走

       9月      奥多摩・三頭山三頭沢溯行。

                 家族で上養沢から七代ノ滝、綾広ノ滝を経て大岳山。

                 大型カメラとカラー引き延ばし機を使い、絵画制作のための写真を自分で現像し始める。

                「私の夏休み」第23回神奈川県展入選。

      10月 38歳 鳩待峠~尾瀬ヶ原~尾瀬沼往復。「晩秋の山旅」のイメージを生む。

1988年 1月       八ヶ岳撮影行。黒百合平~天狗岳~硫黄岳~横岳~地蔵尾根~美濃戸。

                 じっくり写真を撮り思索にふける。

       2月       ブナを求めて再度三頭山へ。

                「晩秋の山旅」第2回多摩秀作美術展入選。

       4月      八ヶ岳・阿弥陀岳北稜登攀。

       5月     「ブナの森からⅠ」第4回多摩総合美術展大賞。

       7月      絵画のモチーフを水と石にすることを決め、以後、沢へ足を運ぶ。

          大雲取谷、盆堀川棡葉窪溯行。

       8月      檜枝岐川下ノ沢~会津駒ヶ岳~中門岳。

                 恋ノ岐川オホコ沢~平ヶ岳。大自然の奥ふところへ入っていくときの感動が、絶筆「暗く深                     き渓谷の入口Ⅰ・Ⅱ」のイメージとなる。渓谷を表現する構想の一部。

                 帰路、尾瀬の燧裏林道を歩く。

   9月18日    丹波川・小常木谷~岩岳沢溯行。

   9月23~26日   谷川連峰赤谷川本谷から平標山へ向かう途中、悪天候のため遭難。

               エビス大黒ノ頭にて力尽き永眠。

 

*印以外の山行はいずれも単独行

© 2017 office Y