作品紹介

覆された宝石のような静謐 

〈自然の中に足を運ぼう。山へ、森へ、徹底的に歩き回ろう。そのことのために惜しみなく時間と労力を注ぎ込もう。本物でありたい。中途半端な自然人ではいけない。徹底的な自然人でなければならない。私にとって登山は一つの仕事である。愛すべき仕事の一部である〉

〈厳しい登山者のみに許された風景との出会い、鋭い観察者のみが見出しうる景色、自然の美しいたたずまい。それを絵画で表現する〉

〈圧倒的な自然のみを描く〉

〈作品、人生、生活すべてのキーワードは「自然度」である〉

 このような言葉をノートに刻みつつ、身を削り精神を研ぎ澄ませて自然を描き、ひたむきに山に登り続けた画家、犬塚勉。渓谷をモチーフに「暗く深き渓谷の入口」を制作中の1988年9月23日、「もう一度、水を見てくる」と家族に言い残して谷川連峰の赤谷川本谷に入渓。悪天候につかまり、稜線に抜けたところで遭難。二度と絵筆を握ることは叶わない、38歳の、あまりに突然の死だった。

短い歳月ながらも豊かな時間と深い思い出を共にした犬塚陽子夫人によって守られてきた膨大な作品のうち、絶筆を含む後期の六作品を紹介。そこには静謐が、覆された宝石のように煌いている。(『岳人』2012年9月号より)

もっと見る
© 2017 office Y 
梅雨の晴れ間

読書もせず、テレビも観ず、終業後は現場で描き、自宅でも深夜まで絵筆を握る。キャンバスが草でほぼ埋め尽くされた頃、突然振り向き「ひょっとすると真実を見つけたかもしれない」と真顔で語り出す。「人を描かずして人を感じさせる。それも緑一色の絶妙なグラデーションで。あの場所へ行くと、まるで愛する人を見つめるときのように心ときめく」。キャンバスの中のあの場所は遥かな光に満ち、朽ちることのない永遠の草叢のように輝いていた。 「人が、きれいな景色だ、と言うのとはまったく違う感覚で私は感動している」と漏らしたことがあった。全身全霊で自然と向き合ったとき、私たちが失いかけている何かが見えてくるのかもしれない。

Go to link