作品紹介

覆された宝石のような静謐 

〈自然の中に足を運ぼう。山へ、森へ、徹底的に歩き回ろう。そのことのために惜しみなく時間と労力を注ぎ込もう。本物でありたい。中途半端な自然人ではいけない。徹底的な自然人でなければならない。私にとって登山は一つの仕事である。愛すべき仕事の一部である〉

〈厳しい登山者のみに許された風景との出会い、鋭い観察者のみが見出しうる景色、自然の美しいたたずまい。それを絵画で表現する〉

〈圧倒的な自然のみを描く〉

〈作品、人生、生活すべてのキーワードは「自然度」である〉

 このような言葉をノートに刻みつつ、身を削り精神を研ぎ澄ませて自然を描き、ひたむきに山に登り続けた画家、犬塚勉。渓谷をモチーフに「暗く深き渓谷の入口」を制作中の1988年9月23日、「もう一度、水を見てくる」と家族に言い残して谷川連峰の赤谷川本谷に入渓。悪天候につかまり、稜線に抜けたところで遭難。二度と絵筆を握ることは叶わない、38歳の、あまりに突然の死だった。

短い歳月ながらも豊かな時間と深い思い出を共にした犬塚陽子夫人によって守られてきた膨大な作品のうち、絶筆を含む後期の六作品を紹介。そこには静謐が、覆された宝石のように煌いている。(『岳人』2012年9月号より)

もっと見る
© 2017 office Y 
ブナ

「きょうは子どもたちと外に出ていてほしい」きっぱりとした口調でそう宣言され、秋葉原の交通博物館まで出かけたことがある。夕方帰宅すると夫の姿がない。辺りを見回すと、居間の片隅にイーゼルを移動させ、キャンバスを前にシルエットのように佇んでいる。絵筆の動く音だけがかすかに聞こえる。朝から何も口に入れていないと言う。 ブナの根元に射し込むほのかな光が、自ら見出した価値に従い生きようと懸命に保ち続ける私たちの願いのように見える。風雪に耐え大地から立ちあがるブナの巨木、命を終え大地に還る草木、移ろう命の儚さの中でブナの木肌だけが時空を超えた美しさを湛えている。作品に励まされ暮らした日々を懐かしく思う。

Go to link