作品紹介

覆された宝石のような静謐 

〈自然の中に足を運ぼう。山へ、森へ、徹底的に歩き回ろう。そのことのために惜しみなく時間と労力を注ぎ込もう。本物でありたい。中途半端な自然人ではいけない。徹底的な自然人でなければならない。私にとって登山は一つの仕事である。愛すべき仕事の一部である〉

〈厳しい登山者のみに許された風景との出会い、鋭い観察者のみが見出しうる景色、自然の美しいたたずまい。それを絵画で表現する〉

〈圧倒的な自然のみを描く〉

〈作品、人生、生活すべてのキーワードは「自然度」である〉

 このような言葉をノートに刻みつつ、身を削り精神を研ぎ澄ませて自然を描き、ひたむきに山に登り続けた画家、犬塚勉。渓谷をモチーフに「暗く深き渓谷の入口」を制作中の1988年9月23日、「もう一度、水を見てくる」と家族に言い残して谷川連峰の赤谷川本谷に入渓。悪天候につかまり、稜線に抜けたところで遭難。二度と絵筆を握ることは叶わない、38歳の、あまりに突然の死だった。

短い歳月ながらも豊かな時間と深い思い出を共にした犬塚陽子夫人によって守られてきた膨大な作品のうち、絶筆を含む後期の六作品を紹介。そこには静謐が、覆された宝石のように煌いている。(『岳人』2012年9月号より)

もっと見る
© 2017 office Y 
縦走路

何度も繰り返し山へ登りながら、山そのものを描いた作品は少ない。〈すべて絵を描くことに生かされなければならない。もし感性を磨き精神を鍛えるものでないとしたら、何の意味があるのだろう〉と体力の限界に近い山行を振り返る。 自らシャッターを切った写真をイーゼルの右端に貼る。しばらくじっと眺め、一気に描き始めた。瞬く間に北岳からの稜線が浮かび上がり、清々しい大気が画面に広がる。翌朝にはすべての石から光が放たれ、あっと息をのむようだった。冗談めかせて、いとも簡単だったかのように得意げな表情を作る。 〈自然より自然である風景。心に迫りくるものを必ず捉える〉ノートにはこう書かれていた。

Go to link